二重整形の費用は意外に安い【希望に合わせて手術】

パッチリ目は魅力的

女性

知っておくべき手術の種類

二重整形の種類には大きく分けて二つ、「埋没法」と「切開法」が存在し、それぞれに二種類の異なる手術法があります。まず埋没法ですが、費用は10万円前後、痛みや腫れが少なくダウンタイムが短いのが特徴です。手術法は特殊な糸を希望の二重ラインに合わせ、糸を結びつけるというものです。埋没法で作る二重は、比較的自然な仕上がりになります。効果は永久的なものではなく、3〜5年ほどで幅が狭くなったり、元に戻ったりすることもあります。その埋没法ですが、糸を結びつける場所によって手術法が違います。すなわち、上瞼の裏側にある軟骨「瞼板」に糸を結ぶ瞼板法、瞼板よりも奥にある、上瞼を持ち上げる筋肉「挙筋」に糸を結ぶ挙筋法です。これら埋没法は費用が少なく、手軽に出来る整形として人気です。次に切開法ですが、費用は20〜30万ほど、元に戻ってしまう可能性が低く、くっきりとしたラインが作れることが特徴です。手術時には目の上の皮膚を切って縫合し、ラインを作ります。切開法には、全切開と部分切開があります。全切開になると、瞼の脂肪切除をする人も多く(別途費用数万円)、幅が広い二重を作れます。部分切開では切る範囲が狭いため、全切開よりはダウンタイムが短いとされています。これら切開法は費用は高くなってしまいますが、永久的にパッチリ二重を得られるメリットを思えば、熟考の価値があると言えます。二重整形は、術後も重要です。まず、手術法によってダウンタイムが違います。埋没法は、ダウンタイムは比較的短く、赤みや腫れ、痛みのピークは術後2?3日、それらが引いて目立たなくなるのは、術後1?2週間ほどです。術後2か月ほどで、腫れが完全に引いてから二重が定着すると言われています。切開法では皮膚を切るので、ダウンタイムが比較的長くなります。赤みや腫れのピークは手術直後から翌日、そこから抜糸までの5?7日は、かなり腫れが目立つこともあります。約1か月で赤みや腫れは目立たなくなるものの、二重が定着するには、3?6か月かかるようです。そんな二重整形のアフターケアは、アイシングが大切です。病院やクリニックで丁寧に処置してもらい、自宅でも徹底しなければいけません。保冷剤などをタオルで包み、10分ほどアイスパックして様子を見るのがオススメです。また、紫外線を浴びないようにすることも重要です。肌は手術で傷ついているので、ダメージを防がなければなりません。外出の際はサングラスや、ツバのある帽子着用しましょう。気になる費用ですが、自宅でケアを行うための雑費は少額です。病院でのアフターケアや経過検診、再施術に関しては、保証期間内であれば無料です。術後の費用を抑えるためにも、手厚いフォローがあるかどうか、詳しく調べましょう。

Copyright© 2018 二重整形の費用は意外に安い【希望に合わせて手術】 All Rights Reserved.